What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

平成21年度「おかねの作文」、「金融と経済の明日」小論文コンクール入賞者の表彰式を行いました(12月21日)。

 

  金融広報中央委員会が、全国の中学生および高校生・高等専門学校生を対象に実施した作文・小論文コンクールにおいて、大分県から入賞した4名の方の表彰式を日本銀行大分支店で行いました。

  

  表彰式では、大分県金融広報委員会大政 浩一 副会長(日本銀行大分支店長)が、賞状・副賞・楯を授与し、「皆さんの作品は、お金や地域おこし、年金、高齢化社会等について、学生らしい視点で書かれた素晴らしい作品ばかりです。今回の作文・小論文をきっかけに、これからも金融や経済について興味を持ち続けて下さい」と祝辞を述べました。

 

 今年度は、大分東明高等学校2年河野 紗織さんが、県内で初めて、全国で5編の特選(全国公民科・社会科教育研究会会長賞)に入選しました。全国で約1,900編の応募があった中での快挙となりました。

 

  河野さんの作品「地元への愛で地域おこし」は、自分の住む豊後高田市の「昭和の町」や「蕎麦づくり」を通して地域づくりに取組む人達の、地元を愛する心と熱意を学び、「将来自分が活気を失った町に出会ったら、これを思い出して地域おこしに取り組んでみたい」と自分自身の目標を語った作品です(河野さんの作品は、1月中旬以降、金融広報中央委員会のホームページでご覧頂けます)。

 

  河野さんは、今回の受賞に関して「周りの人達が地域おこしで頑張っている姿をみて、この小論文を書こうと思いました。この作品が全国で認められて嬉しいです」と述べました。

 

 ▽大分県内の入賞者

コ ン ク ー ル 名            
中学生「おかねの作文」   佐伯市立佐伯南中学校 前 門  由里香
高校生・高等専門学校生
「金融と経済の明日」
小論文
  大分東明高等学校 河 野   
         〃 濱 口  亜沙子
県立大分雄城台高等学校 川 辺   

(注)各コンクールそれぞれにおいて、全国で、特選(5編)、秀作(5編)
   佳作(50編)を決定。

 
 

表彰式のあとは、日本銀行大分支店の見学を行いました。

 
 
Copyright  大分県金融広報委員会 2009  ご意見ご感想はこちらまで