What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

平成21・22年度金融教育研究校として
「日田市立前津江中学校」を委嘱しました(5月21日)。

 平成21・22年度「金融教育研究校」の委嘱先である日田市立前津江中学校において、金融教育研究校委嘱式を行いました。

 委嘱式では、鎌田副会長(日本銀行大分支店長)より前津江中学校の河津校長に委嘱状が交付されました。

 
 これに対し河津校長が、「社会に出て困難に対峙した時のために、経済に興味を持ち、トラブルを解決する力を身に付ける教育を実践したいと思います」と決意を述べました。
 前津江中学校では、2年間に亘り、子ども達に「金融経済に関する正しい知識の習得や金銭や物に対する健全な価値観」を養うための実践・研究に取り組んで頂きます。
   
 また、委嘱式に先立って行われた出前講座では、鎌田副会長が「はやわかり日本銀行」と題し、スクリーンに日本銀行の建物などを映しながら、生徒・教職員等約60名に対して講演を行いました。日本銀行の代表的な4つの仕事(「発券銀行」、「銀行の銀行」、「政府の銀行」、「金融政策」)や、金利と景気の関係、物価の安定、日本銀行の独立性等について、過去の事例などを挙げながら説明しました。
 
 金融教育研究校とは、生徒の発達段階に応じた金融教育の研究および実践を支援するために、各都道府県金融広報委員会が委嘱するものです。
 金融教育の分野としては、「生活設計・家計管理」、「経済や金融のしくみに関する分野」、「消費生活・金融トラブル防止に関する分野」、「仕事や職業理解に関する分野」があり、さまざまな教科での取組みが可能です。
 
 
Copyright  大分県金融広報委員会 2009  ご意見ご感想はこちらまで