What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

当委員会主催「市民講座」(第2回目)を開講しました(8月9日)

 

  8月9日(土)、当委員会主催「市民講座」(第2回目)を大分市コンパルホールで開講しました。

 

  当委員会は、広く県民の皆様への金融知識の普及、金融経済情報の提供に努めております。特に今年度は新たに、個人でも参加でき、さらに連続して体系的に学べる機会の提供を目的に、「市民講座」(7月〜11月中、毎月1回開講)を開講しています。

 

  第2回目は、当委員会の矢野 英昭 金融広報アドバイザーが「知って得する“くらしとお金”」と題して約40名の参加者に対して講演を行いました。

 

講演では、「お金は目的でなく手段であり、ただ漠然と将来に不安を持つのではなく、お金を分類(「備えるお金」、「残すお金」、「使うお金」)してみましょう」と呼びかけました。この他、「入院費用と高額医療費」、「各種金融商品の特徴」、「相続」などについて実例を示して説明を行いました。

 

最後に、「@儲かる話、A美容の話、B頭のよくなる話、C信仰に関する話、D健康に関する話、E金にまつわる話には十分注意しましょう」、と結びました。

  なお、当日の講演資料はこちらからご覧頂けます。

    

 本市民講座は9月以降以下の日程・テーマにより大分市コンパルホールにおいて開講いたします(いずれも14時〜16時まで)。

 

 913日(土)

身近な話〜保険・年金

1018日(土)

くらしのなかの税金いろいろ

11 8日(土)

賢い消費者になるために

Copyright  大分県金融広報委員会 2008  ご意見ご感想はこちらまで