What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

 

第46回中学生「お金の作文」コンクールおよび第11回「金融と経済を考える」高校生小論文コンクール入賞者の表彰式を行いました(1月28日)

 

  金融広報中央委員会が、全国の中学生・高校生等を対象に実施した作文・小論文コンクールにおいて、当県より入賞された高校生12名の方の表彰式を1月28日に日本銀行大分支店で行いました。

 
表彰式では、大分県金融広報委員会の岩崎 淳 副会長(日本銀行大分支店長)が、一人ひとりに賞状・副賞・楯を授与しました。

 その後、同副会長は「全国から中学生で約3,700編、高校生で約2,200編以上の応募があった中で、大分県から過去最多の15名の方が入選されたことは大変うれしく思います。特選(全国公民科・社会科教育研究会会長賞)に入賞された大分東明高等学校の岩田美咲さんが書かれた『消費活動とメディア』、秀作に入選された県立日田高等学校の深見 友哉さんの『御用聞きのススメ』を読ませていただきましたが、お二人の小論文に共通していることは、日常生活の中で感じたふとした疑問や出来事に対し、深く掘り下げて考え、ご自分の意見としてまとめているところです。直面する様々な問題に対して、自分の頭で考え工夫していく姿勢が大変重要なことだと思います。今回の小論文をきっかけに、これからも金融や経済について興味を持ち続けて下さい」と祝辞を述べました。


 
また、学校賞(特選輩出校)を受賞された大分東明高等学校の阿部雄行    先生へ、賞状・副賞を授与しました。

 
 
 

 なお、当日都合により不参加となった県立大分豊府中学校の受賞者へは、1月31日に同校に出向き表彰式を行いました。当金融広報委員会の酒井治和 事務局長(日本銀行大分支店 次長)から、「これからも賢いお金との付き合い方を勉強して将来に役立ててください」との祝辞とともに、賞状・副賞・楯を授与しました。

 
 
▽大分県内の入賞者

コンクール名

     

   

全国応募
総数

「金融と経済を考える」高校生小論文

特 選(全国公民科・社会科教育研究会会長賞)

大分東明高等学校

岩田 美咲

2,234

秀 作

県立日田高等学校

深見 友哉

佳 作

県立日田高等学校

江田 未奈実

      

森山 裕太

大分東明高等学校

岩尾 由佳

     

後藤 理紗子

     

溝口 由貴

     

  祐希南

     

米田 知広

     

邊 咲仁

県立大分雄城台高等学校

二宮 俊輔

県立大分東高等学校

新田 

中学生「おかねの作文」

佳 作

県立大分豊府中学校

神谷 

3,754

     

丹野 千春

     

近廣 勇樹

 

(注)各コンクールそれぞれにおいて、全国で、特選(5編)、秀作(5編)、佳作(50編)を決定。

 特選、秀作の全作品は、「金融広報中央委員会」ホームページに掲載されていますので、是非ご覧下さい。

 
 

Copyright 大分県金融広報委員会 2010  ご意見ご感想はこちらまで