What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

平成22年度「金融と経済の明日」小論文コンクール入賞者の表彰式を行いました(12月24日)

 

 金融広報中央委員会が、全国の高校生・高等専門学校生を対象に実施した小論文コンクールにおいて、秀作および佳作に入賞された9名の方の表彰式を12月  24日に日本銀行大分支店で行いました。  

 表彰式では、大分県金融広報委員会の大政 浩一 副会長(日本銀行大分支店長)が、一人一人に賞状・副賞・楯を授与しました。その後、同副会長は「全国から1,200編もの応募があった中で、大分県から過去最高の9編が入賞したことはすごいことだと思います。特に秀作に入賞された大分東明高等学校の上田歩さんが書かれた『企業の農業誘致から思う』については、わが国経済の成長基盤の1つである農業分野に関し、踏み込んだ分析を行ったすばらしい作品でした。今回の小論文をきっかけに、これからも金融や経済について興味を持ち続けて下さい」と祝辞を述べました。 

 上田 歩さんの作品「企業の農業誘致から思う」は、1月中旬以降、金融広報中央委員会のホームページに掲載されますので、是非ご覧下さい。

 

▽大分県内の入賞者

コ ン ク ー ル 名            

高校生・高等専門学校生

「金融と経済の明日」小論文
秀 作 大分東明高等学校 上田 歩
佳 作 加藤 芙月
渕野 真美
和田 緑
県立大分雄城台高等学校 池辺 沙奈枝
門松 花奈
高見 由里
水嶋 千恵
県立日田高等学校定時制 中島 流也

  (注)入賞は全国で60編。内訳は、特選5編、秀作5編、佳作50編。

 
 

 また、全国の教育関係者等を対象に実施した「金融教育を考える」第7回小論文コンクールにおいて、佐伯市立上入津小学校の齋藤貴雅教諭の作品「子どもの心に残る『金融教育』をめざして〜『社会見学プラン作り』と『映画製作プロジェクト』の取り組みを通して〜」が、奨励賞に入賞されました。

 
 

Copyright 大分県金融広報委員会 2010  ご意見ご感想はこちらまで