What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

平成21年度第1回「金融広報アドバイザー等研修会」
を開催しました(9月9日)

 

 9月9日(水)、大分市ソレイユにおいて、平成21年度第1回「金融広報アドバイザー等研修会」を開催しました。

 

  増渕事務局長(日本銀行大分支店次長)の挨拶の後、矢野英昭金融広報アドバイザーが「リスクマネージメントとライフプラン」と題して講演を行いました。

 

  講演では、「人生において、どこにどんなリスクがあるのかを発見することが重要」として、様々な場面において発生するリスクとそのコントロールについて説明しました。

 

 リスクコントロールの方法としては、

@ 回避(自動車事故を避けるため電車を利用する。飛行機事故を避けるため乗らない)
A 損失制御(スプリンクラーを設置する。自動車をシャッター付き車庫に入れる)
B 分離(社員旅行で同じ飛行機に乗らない。二つの建物に分けて保管)
C  移転(所有する建物を売却する。保険に加入する)
D  保有(病気やケガに備えて預金する)      などがある。
 

 このうち、『移転』というリスクコントロールの「保険に加入する」という点については、自身の身内の医療保険の例を挙げ、支払う保険料と入院・手術の際に受取る保険金の額について説明し、「小さなリスクを移転するためにその保険に入る必要があるのか、保険の意味を考えてみましょう」と述べました。

 一方で、「自分のライフプランに大きな影響を与える、交通事故や火災といった人生の中の大きなリスクに対しては、回避の一策として保険に加入しておくことも重要です」と述べました。

 

 

「金融広報アドバイザー等研修会」は、金融広報中央委員会会長から委嘱を受け、身近な金融経済等に関する勉強会の講師をつとめたり、生活設計や金銭教育の指導等を行っている「金融広報アドバイザー」の一層のレベルアップを図るため、定期的に金融経済や生活設計等をテーマに研修を行っているものです。
「専門家から直接話を聞きたい」、「特定のテーマについて深く知りたい」というグループ(地域での集まり、婦人会、学校やPTAでの集まり等)がございましたら、大分県金融広報委員会事務局(0975339116)までご連絡下さい。
 
Copyright  大分県金融広報委員会 2009  ご意見ご感想はこちらまで