What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

当委員会主催「市民講座」(第1回目)を開講しました(7月4日)

  7月4日(土)、当委員会主催「市民講座」(第1回目)を大分市コンパルホールで開講しました。

 

 第1回目は、「最近の金融経済情勢について」と題し、鎌田 沢一郎 副会長(日本銀行大分支店長)が講演を行いました。講演の要旨は、以下のとおり。

 

 世界経済は、昨年夏以降、所謂「リーマン・ショック」と言われる金融と実体経済との負の相乗作用の発生により、個人消費や設備投資などの需要が急速に減退する状況となった。

 このような環境の下、日本経済は、輸出企業中心に大幅な減産が行われた結果、雇用者所得の減少を通じた個人消費、住宅投資の減少など、国内需要をさらに落ち込ませる悪循環に直面。足許は、在庫調整の進展、中国向け輸出の回復等を背景に、景気の悪化が漸く下げ止った感じであるが、まだまだ景気回復と言うにはほど遠い状況。
 やや長い目でみれば、海外経済や国際資本市場の回復に加え、各種対策の効果もあって、緩やかに持ち直すのではないか。
   

 当委員会では、昨年度に引き続き、個人でも参加でき、さらに連続して体系的に学べる機会の提供を目的に、「市民講座」(7月〜11月中、毎月第1土曜日)を開講しています。

 

 本「市民講座」は8月以降、以下の日程・テーマ等により大分市コンパルホールにおいて開講いたします(いずれも13:30〜15:30まで)。

 
                    
8/1日(土) 賢い資産運用 下郡 恵美子金融広報アドバイザー
9/5日(土) 多重債務と悪質商法

村上 美佳子 大分財務事務所

       多重債務相談窓口 相談員
10 3日(土) 子や孫に教える金融教育 衛藤 千江美金融広報アドバイザー
11/ 7日(土) くらしに活かす契約の知識 矢野 英昭 金融広報アドバイザー
 
Copyright  大分県金融広報委員会 2009  ご意見ご感想はこちらまで