What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

平成28年度第2回「金融広報アドバイザー等研修会」を開催しました(11月16日)。

 

 大分県労働福祉会館ソレイユ会議室において、平成28年度第2回「金融広報アドバイザー等研修会」を開催しました。

  研修会では、一般財団法人信託協会 総務部次長 兼田 憲政 氏が、「最近の信託の動向について」と題し講演を行いました。

 

 講演では、「ライフステージにおける信託」として、『現役世代では「貯める(資産形成)」、「ふやす(資産運用)」、老後では生活のために「まもる(資産管理・活用)」、そして次世代のために「つなぐ・ゆずる(資産継承)」ということも考える必要がある』との説明がありました。
 また、最近注目されている信託の活用方法について、図表を示しながら分かりやすく解説していただきました。

 

○「金融広報アドバイザー等研修会」は、中立・公正な立場から、くらしに身近な金融経済等に関する勉強会の講師を務めたり、生活設計や金銭教育の指導等を行っている「金融広報アドバイザー」(金融広報中央委員会が委嘱)の一層のレベルアップを図るため、定期的に金融経済や生活設計等をテーマに研修を行っているものです。

○「専門家から直接話を聞きたい」、「特定のテーマについて深く知りたい」というグループ(地域での集まり、婦人会、学校やPTAでの集まり等)がございましたら、大分県金融広報委員会事務局(0975339116)までご連絡下さい。

 


Copyright 大分県金融広報委員会 2010  ご意見ご感想はこちらまで