What's
 金融・金銭教育?
金融 教育研究校、
金銭教育研究校とは
金融・金銭教育出前講座実施中!

 大分県との共催により、7/27日(木)に豊後高田市、7/30日(日)に津久見市 、8/23日(水)に別府市で「夏休み親子消費者スクール」を開催しました。

「お買い物ビンゴゲーム」
大分県金融広報委員会金融広報アドバイザーの衛藤千江美さんと若松亜希子さんより、限られたおこづかいの中で「必要なもの」は買い、「必要でないけれど欲しいもの」は、自分の判断で買うか買わないかを決め、やりくりをすること、またお金の出入りを自分で管理し、「おこづかい帳」に記入することなどを体験しました。
 
「お金についての話」
大分県金融広報委員会で用意した模擬券を数えてみたり、1億円の模型を実際に持ち上げたりして、参加した子供たちは大喜びでした。
 
「おやつづくり」
「大分県消費生活・男女共同参画プラザ(アイネス)」および「日本乳業協会」のご協力を頂き、牛乳を使った簡単なおやつ(カッテージチーズとジュース)を作りました。牛乳を使って短い時間にカッテージチーズができること、またその残り汁(ホエー)を使っておいしく栄養価の高いジュースができることなどに驚いていました。できあがったおやつはみんなで試食をしました。


ゲームについて説明する衛藤アドバイザー

 
「夏休み親子消費者スクール」は、子どもの頃から、健全な金銭感覚を身につけ、かしこい消費者になるために、保護者の方も一緒に参加できるイベントです。
 
 

Copyright  大分県金融広報委員会 2008  ご意見ご感想はこちらまで